専門看護師になる

専門看護師の資格は、日本看護協会の定めた 認定資格の一つです。20年以上前から専門看護師が活躍している米国の看護システムを参考に 1995年から認定審査が始められました。

専門看護師とは、「特定の専門看護分野におい て優れた看護実践能力がある」と認められた看 護師のことです。

2005年5月現在、日本看護協会 が特定している専門看護分野は、①がん看護、 ②精神看護、③地域看護、④老人看護、⑤小児 看護、⑥母性看護、⑦成人看護(慢性)、⑧クリテ ィカルケア看護の8分野です。

専門看護師の資格は、看護系大学大学院修 士課程を修了していること、しかも特定の専門看 護分野で規定の単位を取得していることが認定 審査の条件になっているため、取得できるナース はかなり限られてきます。2005年5月現在、 8分野の合計で専門看護師の登録者は102人し かいません。

優れた実践能力を持つ専門看護師

専門看護師の役割としては、まず患者さんやそ の家族あるいは集団に対して、質の高いケアを実 践することが求められます。

とくに、解決が難しい問題を抱えて苦しんでい る患者さん・家族に対して、よりよい療養生活が送 れるように倫理面にも配慮しながら援助することは 重要な仕事の一つです。

さらに、スタッフナースをはじめケア提供者の相 談に乗り、必要なケアがスムーズに行われるため に保健・医療・福祉分野に携わる人々をコーディ ネートする役目もあります。また、優れた人材を育 成するための教育・研究に携わることも求められ ています。

なお、専門看護師の資格は、高い水準の知識 と技術を維持するために5年ごとに更新しなけれ ばなりません。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]