理想と現実のギャップに悩む

優しくて、思いやりがあって、まるで天使のよう・・・。少し大げさかもしれませんが、看護の仕事についている人にはこのようなイメージがあります。

もちろん、間違いではなく、優しさと思いやりがなければ勤まらない職業です。 でも現実に目を向けてみると、人間相手の仕事ですからその関係に悩むこともしばし ば。

24時間体制の病棟勤務は時間的にも体力的にもハードですし、患者さんにいろい ろしてあげたいと思っても忙しくてできないというジレンマに陥ることもあります。

看護の学校では、臨地実習もありますし、日々の仕事の実際を見ることができます。 それでも、現場に入ってから理想と現実のギャップに戸惑うことがあります。

戸惑いの中身はさまざまですから、一概にはいえませんが、理由の一つとして、自分自 身へのジレンマも挙げられるでしょう。新人のうちはうまくできなくて当たり前なのですが、 できない自分が情けなくなり、そんな自分の現実にがっかりしてしまうジレンマです。 自分自身へのジレンマは、新社会人の多くが体験する壁です。

できない自分に落ち込むのではなく、まだできないことがあることに気づいたら、それ を1つずつできるように変えていく、そんな前向きな姿勢でいきたいものです。先輩に聞きながら、同期の仲間同士で支え合いながらの毎日を重ねて一人前になっていくのです。

看護のお仕事

[▲このページの先頭へ]